キャットフードは様々な種類が販売されている
ロゴ

猫に合ったキャットフードを探すためのポイントを知ろう

キャットフードには様々な種類がある

多くの動物がペットとして飼われている中、猫と犬は不動の人気ともいえます。そのため、様々な種類のキャットフードやドッグフードが販売されています。子供でも食べやすいものから高齢になっていても食べやすいものまで、様々な種類があります。

キャットフードの注意点をランキングでチェック

no.1

食べなくても様子を見続けよう

様々なキャットフードが販売されていますが、猫にも好き嫌いを持っているものがいます。そのため、これと決めて購入したキャットフードを食べてくれなかったことで、元のものに戻してしまう飼い主さんも少なくありません。猫は賢い動物なため、わがままを言えばおいしいご飯をもらえると覚えてしまうことがあるようです。そのため、食わず嫌いをしてしまうことがあるので、与える時には特に注意が必要になります。

no.2

すぐに種類を変えてはいけない

キャットフードには毛玉ケアなどの効果があるものがあります。しかし、猫の血液が全て入れ替わるとされている期間は約3ヶ月といわれています。そのため、最低でも3ヶ月は同じキャットフードを与え続けなければ効果が表れませんので、効果がないからとすぐに変えてはいけないのです。

no.3

キャットフードの切り替えはゆっくりと

猫はとても食事に敏感なことがあります。そのため、新しいキャットフードに変える際に、急に新しいフードにしてしまうと、「吐き戻し」や「消化器官への負荷」、「下痢や便秘」などの問題に繋がってしまうおそれがあります。そうならないためには、今までのフードに混ぜてから、慣らす必要がありますよ。

キャットフードは様々な種類が販売されている

餌

市販のフードは成分に気をつけよう

種類が豊富なキャットフードですが、その成分の中には強力な人工防腐剤や合成着色料、人工香科が含まれています。また、安いものになると、「4Dミール」と呼ばれる肉が使われていることがあります。使用される動物の全ての部位を使っているとされていますが、爪や足まで含まれているため、消化器官への負担がとても大きくなるのです。

キャットフードは手作りでもできる

様々なキャットフードがあるなかで、猫の体調などに合わせてるとどうしても食べさせてはいけないものなどが出てきてしまうことがあります。そんなときは、手作りでフードを作ることがいいかもしれません。手間がかかってしまいますが、猫のことを考えて作るため、長生きにも繋がります。しかし、その際にはきちんとした知識が必要です。

猫には与えてはいけない食材がある

猫のフードを自分で作る際に気をつけなくてはいけないのが、猫に与えてはいけない食材を把握することです。与えてはいけない食材の中には、猫の命を脅かすものも存在します。その中でも有名なのが、たまねぎ等のネギ類です。また、カカオが含まれているチョコやカフェインなども猫に与えてはいけない食材になります。

キャットフードを選ぶときのポイントを知っておこう

キャットフードは様々な種類が販売されることで、猫もおいしいごはんを食べることができるようになりました。しかし、多くの種類がある中でも、粗悪といわれるフードも存在します。きちんとチェックするポイントを知っておきましょう。